薬剤師の薬局業務&在宅について

薬剤師の働く場として、病院、薬局、製薬会社等が考えられるわけですが、その中でも薬局における業務で、今後増やすべく業務というのが、やはり『在宅』があります。 それというのも、やはり昨今、高齢化社会が進んでいるという事で、高齢化社会と言われているからこそ、薬局における薬剤師が、もっとできる事を増やすべきではないか?と考えるわけです。

知人の中には、薬剤師という仕事を精力的にこなしている方もおり、その方の場合、グループ訪問を行い、たくさんの入居者における薬の管理をされていますが、薬局薬剤師としての業務に加え、不ループホームに訪問する事は、仕事量が増え、忙しい毎日ではあるものの、仕事自体には、とてもやりがいを感じる事ができると言います。 逆に、楽しいとさえ、感じて精力的に薬剤師業を行っているようです。

また、薬局自体の収入云々を関和える場合も、今後は今まで通りの薬局業務では不足と言え、尚且つ医療費の削減という問題もありますから、会社、薬局自体の収入を減らさないためにも、在宅&介護というような分野に入り込む事が当然必要となってくると考えるのです。

しかしながら、収入に関する事だけを考えての在宅&介護という仕事をするというのは、やはり大変な事と言えますが、そうした方向性を考えて進んでいく事も時代に伴い重要な事なのではないだろうか、と考えるのです。 ともかく、実際、薬剤師として薬局勤務をし、尚且つグループホーム等に訪問する仕事をする薬剤師さんの思うところは、やはりそうした訪問をするにあたり、薬の管理をする人間、存在というのは、絶対的に必要であるという事と、尚且つそうした場には、高齢者のための話し相手が必要であると考えています。

また、訪問を通し、何らかの病を患う入居者の方の話し相手、ケアをする事により、その入居者さんが、少しは元気になり、話をするうちに、薬剤師として体の異変、薬における副作用等の問題にも早く対処できる、早く気付いてあげられるという事も考えられ、訪問をする事により簡単ではあるものの、メンタル面でのケアができるのではないかと考えられますので、こうした在宅業務を行う事は、今後の薬局業務のひとつに、どんどん取り入れていくべきと考えるのです。

要するに、こうした薬局業務の一環として在宅等も取り入れることにより、実はそうした入居者、患者さんに教わる、考えさせられる部分も多分にあり、薬剤師そのものの、成長にもなりえることだと感じるのです。名古屋市内の老健薬剤師についてもチェックしてみてください。

当サイト人気コンテンツ

★ 自宅で出来る除去
★ レーザーによる除去
★ 医院選びの注意点
★ 除去の方法の種類
★ なぜ増えるのか
★ 足の裏なら要注意


Copyright (C) 2007-2017 ほくろ@研究所 All Rights Reserved.