ほくろなぜ増えるのか

ほくろは、誰にでも、体のあちこちにあるものですが、時折、ほくろが
増えたような気になることもあります。ほくろは先天性のものと後天性
のものがあり、生まれつきあるものも含めて、先天性のものは、大体
思春期くらいまでに出来るとされています。これ以降にできるほくりが
後天性で、紫外線などによってメラノサイトが刺激され、メラニンが
多量に作られることで出来ます。

後天性のほくろは、紫外線を浴びる量が多いほど、更にメラニンが生成
され、ほくろができる確立が高くなります。他にも、ほくろができる
原因は、摩擦や圧迫、化粧品、化学薬品、ストレス、怪我、ホルモンの
分泌によるものなど、いろいろとあるものです。きついブラジャーや靴、
仕事の関係などで、体の特定部分が必要以上に圧迫され続けたりすると、
メラノサイトに変異が起こりメラニンを多く生成し、ほくろができる
ことになります。

これ以外にもにきびやひげ剃り、外傷などの外的刺激によるものもある、
とされています。ほくろが増えないようにするには、やはり、まず紫外線
対策が第一です。かといって、あまり神経質になることも無く、外出時、
あまり長い時間肌を直接日光に触れさせないようにすることを心がける
くらいで良いでしょう。どうしても気になるなら、日焼け止めクリーム
を塗ると良いでしょう。

他に、日傘などで肌を保護したり、サングラスをかけたりする方法も
あります。化粧品で紫外線対策を行う場合リキッドタイプよりもパウダー
タイプの方が効果的です。もちろん、塗りっぱなしは、かえって皮膚に
負担がかかるので、洗顔などの除去もしっかりしなければいけません。
ビタミンCの補給も大事です。

当サイト人気コンテンツ

★ 自宅で出来る除去
★ レーザーによる除去
★ 医院選びの注意点
★ 除去の方法の種類
★ なぜ増えるのか
★ 足の裏なら要注意


Copyright (C) 2007-2017 ほくろ@研究所 All Rights Reserved.