ほくろ除去方法の種類

ほくろ除去にはいくつかの方法があり、ほくろのある部位や大きさに
よっても適切な方法は変わってきます。現在はレーザーによるほくろ
除去が主流ですが、他にも、電気メスでの除去や、オーソドックスに、
切りとって縫う切除法合法、皮膚をくりぬくくり抜き法、ほくろを
凍らせて退治する凍結療法などもあります。小さなほくろだと自分で
取れないことも無いですが、後の傷跡のことも考えれば、やはり、
専門医に頼んだ方が良いでしょう。

レーザー治療の場合、短時間で済み、痛みも殆ど無いというメリット
がありますが、ほくろの部分を採取して病理検査を行う、ということ
ができないため、悪性のほくろかどうか検査できない、ということが
あります。悪性のほくろかどうか気になるのなら、他の方法でやって
もらうことになります。また、大きなほくろや、深いほくろもレーザー
治療は不向きです。

切除・縫合でほくろを除去する方法だと病理検査が出来ます。この方法
でも、腕のよい医師にきちんとやってもらえば、後も残らずきれいに
ほくろの除去が可能です。ただ、施術後、抜糸まで一週間程度かかり、
病院やクリニックによっては、術後の傷跡の消毒のために毎日の通院消毒
をする必要があります。大きなほくろの場合は、この方法で除去すること
になります。

直径が6mm以内の小さなほくろだと、くりぬき法によるほくろ除去も
あります。麻酔をかけますので手術自体の痛みは無く時間もごく短時間
ですみます。ただ、くり抜かれた部分が上皮化するまで、2〜3週間程度
かかります。大きなほくろや、隆起しているほくろなどには、電気メス
による除去が行われます。どちらも、病理検査が可能です。他に、凍結
療法によるほくろ除去もあります。これは、ほくろ凍結させて除去する、
という単純な方法で、瞬時に終わってしまいます。いぼ状のほくろに
向いているようです。

[リンク]「あまり出ない」アニメ関係の仕事探しはここ

当サイト人気コンテンツ

★ 自宅で出来る除去
★ レーザーによる除去
★ 医院選びの注意点
★ 除去の方法の種類
★ なぜ増えるのか
★ 足の裏なら要注意


Copyright (C) 2007-2017 ほくろ@研究所 All Rights Reserved.