レーザーによるほくろ除去

病院でほくろ除去を行う場合、現在はレーザーによるものが主流に
なっています。レーザーで除去するほくろは、直径3ミリから5ミリ
以下で、隆起していない平らなほくろが向いているようです。脱毛
などでもレーザーが使われていますが、ほくろ除去の場合は、手術用
の顕微鏡を使って行われます。照射する方法も異なり、ほくろ除去の
際は、ほくろのみ正確にレーザーを照射し、周囲の正常な皮膚を傷め
ないようにします。

ほくろの除去には炭酸ガスレーザーが用いられ、除去したいほくろに
レーザーを照射し、ほくろの色素細胞をレーザーの熱により破壊します。
除去の時間は10分程度ですが、レーザーの照射そのものは一瞬です。
局所麻酔が行われるので、最初にチクリと痛みがあるくらいで、施術
自体は痛みは殆どありません。

レーザー照射した後、ほくろの部分の色が濃くなる事がありますが、
これは一時的なもので大体1〜2週間ほどで、ほくろの表皮はかさぶた
になって剥がれ落ちます。この後、半年間は紫外線対策などを行う必要
があり、シミなどができるのを防止しなければいけません。ただほくろ
の細胞が深い場合、一度の照射では完全に除去できない事もあり、この
場合には、1ヶ月以上の間を空けて再照射をする必要もあります。

レーザーによるほくろ除去は、どのようなほくろでも除去できるもの
ではありません。このため、まず、皮膚科の医師とよく相談しちゃんと
除去できるかどうか確認して、施術を受けることになります。レーザー
による除去が難しければ、そこですぐに諦めるわけでは無く、他の方法
もありますので、ここでまた医師とよく相談し、適切な方法を見つける
べきでしょう。

[リンク]住宅メーカーの忙しいシーズンは?

当サイト人気コンテンツ

★ 自宅で出来る除去
★ レーザーによる除去
★ 医院選びの注意点
★ 除去の方法の種類
★ なぜ増えるのか
★ 足の裏なら要注意


Copyright (C) 2007-2017 ほくろ@研究所 All Rights Reserved.