ほくろができる原因は!?

ほくろは、言わば、一種の腫瘍であり、皮膚にある、良性の腫瘍です。
メラノサイトという、皮膚の一部に色素をつくる、メラニン色素を
含む細胞によって生じるものです。通常は濃い色をしていて大きさは、
小さい点程度から直径約数cmまで結構いろいろあるものです。
表面にしても、平らなものの他、盛り上がったもの、なめらかなもの、
ザラザラしていぼのようなものなどさまざまで、毛が生えている場合
もあります。

ほくろは、誰でも必ずあるものです。また、増えたりもします。大抵は、
小児期から思春期にかけて一番増えますが、一生増え続ける人もいます。
皮膚の色が薄い人は、日光にさらされえるとほくろが増えたりします。
さらに、女性の場合、妊娠中にほくろが増えたり色が濃くなったりと、
女性ホルモンの量によっても変化します。

ほくろができる原因の一つに紫外線があります。紫外線による日焼けは、
紫外線が当たることで細胞が活性化し、紫外線を吸収するためメラニン
色素を作り出すことによるものです。これが、細胞が活性しすぎたり、
メラニン形成細胞自体が傷ついてしまったりすると、日焼け程度では
済まずに細胞自体や色素が増えすぎ、ほくろを増やすことになります。

また、皮膚がひんぱんにこすれたり、圧迫されたりすることで細胞が
傷つくことも原因となります。下着や靴の摩擦、仕事で体の同じ部分
に熱や重量がかかるなどの刺激が続き、そこのメラニン形成細胞に
悪影響が与えられることでも、ほくろができます。ほくろの中でも、
単純黒子といわれるものは、整形外科などで、比較的簡単に取り除く
ことが出来ます。

本サイトが、ほくろにお悩みの方のお役に立てれば何よりです。
今後もサイトの内容を充実させていきますのでご期待ください☆

当サイト人気コンテンツ

★ 自宅で出来る除去
★ レーザーによる除去
★ 医院選びの注意点
★ 除去の方法の種類
★ なぜ増えるのか
★ 足の裏なら要注意

ほくろ除去関連ニュース



Copyright (C) 2007-2015 ほくろ@研究所 All Rights Reserved.

[PR] サントリー ノコギリヤシ